パンケーキレンズ 第2弾2012/12/10 20:07

パンケージレンズの第2弾です
できる限り薄いレンズを探して、古いコンパクトカメラレンズにたどり着きました。

FLASH FUJICA 
1976年頃に発売された、カメラです。
大きなFLASHが特徴です。  (ジャンク 400円 動作しません) 

たくさんのジャンクから、
・MFであること、
・FUJINONレンズであることから選択しました。
やはり、この薄さは魅力です。


早速分解です。
このカメラは、レンズだけが、綺麗に外すことが可能で、板から外す手間が省けました。

いつものように、手持ちのジャンク部品で、フランジバックを調整し、
フィルター枠を取り付けて、58mmのリバースマクロアダプター対応にします。

ついでに、適当なジャンクから、絞りを移植します(エポキシで接着のみ)
絞り調整は、取り外す必要があります。残念!!


完成です

フランジバックに10mm程度の違いがあるため、
パンケーキにはなりませんが、他の一眼用レンズに比べれば、十分に薄いレンズです

試写 
FUJINONレンズも良い写りです
赤色がお気に入りです。




100円でTessar T*2012/12/09 20:14

12月2日に、前橋で開催された、前橋カメラ市に行ってきました。
お目当ては、もちろんジャンク

今回は、100円で購入した Carl zeiss Tessar T* 35mm F3.5がついている
YASHIKAのコンパクトカメラ を100円で購入しました。

もちろん、動作は不問です!


目的は、レンズだけなので、躊躇なく分解していきます。

何とか、レンズだけを取り外すことに、成功しました。

大きさを確認して、PENTAX110のレンズボディに収まりそうな予感が・・・
早速、2個保有している、110純正 24mmレンズと比べてみました。

レンズの厚み、AFレンズなので、ヘリコイドの形状はまったく違います


しかし。レンズ部分は、ほぼ同じ口径であることが、わかりましたので、
110レンズとして、蘇ってもらう事にしました。


PENTAX110レンズのヘリコイドを削って、 Carl zeiss Tessar T*のヘリコイドを組み込みます。
(レンズで無限が出るまで調整します)


ヘリコイドが、逆である点、ストッパーが使えない部分を
ブラスチックを加工して、修正します。

なんとか、組み込むに成功しました。
左、PENTAX110 24mm F2.8 
右、PENTAX110  Carl zeiss Tessar T* 35mm F3.5改
 Carl zeiss Tessar T* の銘板がほしいです!


後ろから見ると、加工の部分がわかります。
また、レンズの短さが良くわかります。
ヘリコイドがAF用のため、微妙なピント調整が難しいのが、欠点です。


試写
横浜にて。。。
緑・黄色が綺麗な印象です。
逆光にも強い感じです
100円の Carl zeiss Tessar T* いかがでしょうか?
SONY  NEX3 + PENTX110 自作アダプター 絞り開放









YASHIKA エレクトロ35 YASHINON-DX2012/11/26 21:41


昭和のコンパクトレンズ流用の第2弾です
ヤシカのエレクトロ35です (ジャンク 800円)
45mmF1.7と大きなレンズが特徴です
通常の一眼レフに比べても、フランジバックが短いので、
比較的小型に製作できます。 (約28mmぐらい?)
今回はNEX用に改造します。

本体を分解して、レンズだけを取り出します。
様々な配線は、潔くカットしました。


この状態でも、絞りは使用可能ですが、
ピントを利用するには、加工が必要です。
OMレンズのマウントを加工して、ヘリコイドを動作可能にして、
58mmフィルター枠を接着します。

NEX用のマクロアダプター58mmを取り付けて完成です。








NEX 18mm + 10mm (OMマウント+フィルター枠+アダプター)= 無限OKです

一眼レフ用のYASHIONより小型に完成しました。

パンケーキレンズ製作 HEXANON 第1弾2012/11/25 20:31


半年振りの更新です。
NEX及びLUMIX用の薄いレンズが欲しいと思っていましたが、
ハードオフで転がっていたジャンクレンズを見つけて、
行ける!!と確信して衝動買いしてしまいました。

KONICA C35 1970年代のピッカリコニカで有名なカメラです。

いきなりの完成図


LUMIXでは76mm相当と中望遠になってしまうのが、残念です。


製作はアルミの板にレンズ一体化されているため、大掛かりな加工が必要でした。
(左下 四角い板についているレンズ)


四角いアルミを切り取り、FDレンズのジャンク部品で切断面を化粧して、
ジャンクレンズから取り外した絞りを接着し、52mmのフィルター枠を貼り付けました。
最後にその52mmのフィルター枠に、マクロ用アダプターを取り付けることで、
カメラに装着できるようになりました。

絞りは、レンズを外すことで調整可能です。

作例







やはり、望遠になってしまうのが、残念ですが、このパンケーキレンズの様な、薄さは魅力です。

NEX-3 アダプター作成 KONICA AR2012/05/20 20:33

NEX用のアダプター製作の第2弾!

随分前に入手していましたが、フランジバックが短いため(40。5mm?)に
撮影することが出来なかったレンズです。
KONICA HEXANON AR 57mm F1.4 たぶん1000円程度でGET

個体が少ないNEXAONレンズ、状態が良い場合は高額になる場合が多いのですが、
カビがあった為に、安価に入手していました。
アダプターの材料は、いつもと同じで、
 ・以前入手していた、AR用のテレコン ×2
 ・58mmフィルター枠

テレコンは中身を全て取り出して、40.5-18=22.5mmに厚みを調整します。
(FDと同様にマウントの先端で計って作成して、無限が出ました)
    ☆試行錯誤で、一部マウントを削ってしまいました

横から見たレンズです


58mmのリバースアダプターに装着して完成です。

大口径レンズが、ズッシリ手にきます。

朝の散歩の途中に試写しました。
F1.4

F1.4

F2.0

F2.8

F5.6

F2.8

NEX-3 αマウント作成2012/05/13 21:37

先日より、こつこつと自作したNEX用マウントアダプターを紹介
今回はα⇒NEX アダプター
材料は、
  α7000のジャンクマウント
  58mm フィルター枠
  適当な20mm程度のジャンクのレンズ胴
  ★NEX用リバースマウント(58mm)を使いまわししてます。
これらを44.5-18=26.5mmに成るようにエポキシ接着剤で接着して完成!
(マウントの向きに注意)
NEX-3に取り付けたところ
絞り機能が無いので、純正AFレンズでは、撮影できません(真っ暗!!)
(α化した偽レンズを大量に所有の為、あえて作成)
今回は、以前α化したTOKINA RMC 500mmのミラーレンズ
小型のミラーレンズでも、フードを付けると大砲に変身!?
35mm換算750mm相当のため、手持ちでは、かなりブレブレのこの感じに・・・・


何かを三脚代わりにすれば(手摺で固定)使えそうです
同じく手摺を利用して、入港中の豪華客船を
対岸からでも・・・

うまく固定すれば使えそうですが、
液晶画面では、厳しいです。NEX-7の様なEVFが欲しいです

Canon EX 125mm 追加!2012/05/12 18:55

先日購入した、CANON EXシリーズをネットで確認したところ、
125mmバージョンも存在していることを確認しました。
オークションで検索したら、簡単に見つけることが出来たので、
思わずGETしました。 1250円!!

Canon EX 125mm F:3.5
設計が古くその上前玉交換レンズなので、最短撮影距離は2.1m!!
近くでは撮影できない一品です。

存在感のある口径72mm

GWは自宅に戻ったので、碓氷峠のメガネ橋を試写 35mm


同じく35mm

神奈川に戻って、全面に帆をはった日本丸
35mm

前玉を50mmに交換

前玉 95mmに交換

山下公園にて 95mm

前玉 125mm
氷川丸 125mm
それぞれ絞りは、手作業による調整(たぶんF8程度でしょうか?)
全体として、中心部分はきりっとした描写ですが、周辺はボケが発生しています。

NEX3 FDコンバーター製作2012/04/22 20:43

Linix購入時には、いくつかの4/3アダプターを購入しましたが、
NEX用は、自作しようと部品を探してきました。

CANON FDマウント⇒NEX Eマウント変換

材料:
 ジャンクFD テレコン 500円
 ジャンク 58mmフィルター 300円
 
 2液エポキシ接着剤
道具
 鉄鋸
 鑢
 ドライバー
まずは、FDマウントを分解して、不要な部品を外します。

 
 
 

無限を出すために、フランジバックを調整します。
FDは42mm
NEXは18mm
必要な厚さは、42-18=24mm (但し、FDはマウントの先端迄の長さです!!)
計算の結果、胴体を15mmに切断しました。(使う材料で変わります)
絞りを有効にするため、
取り外した部品と、手持ちのジャンクパーツで、絞りを開くための爪を取り付けます。
後はフィルターを接着剤で貼り付けて、完成です
マウント側から
 1、リバースアダプタ
 2、58mmレンズフィルター(今回はCANON製)
 3、自作コンバーター
トータルで24mmに仕上げます。

NEWFDレンズを取り付けた例

絞りも完全に動作しました、

本日は、天気が悪かったので、試写はGWまでおわずけ・・・・

NEX-3購入 CANON EXレンズ流用2012/04/21 21:10

最近は、マイクロフォーサーズを主に使用しているのですが、オールドレンズを使っていると、
画角が2倍になってしまうので、APS-Cが欲しいと思っておりました。
最近は、NEXシリーズの中古も安価に出回ってきたので、購入することにしました。

NEX-3
レンズなし
価格:11,800円


いつものように、ハードオフを見回っていると、CANON EXとレンズが3本もジャンクコーナーに!!
これなら、35・50・95mmが一気に手に入り、持ち運びも前玉だけなので、
軽くてすみそうです。
NEX用に改造できるかが、気になりましたが、お持ち帰りするj事にしました。

CANON EX-EE
CANONが1960年代に発売した、一眼レフの下位カメラ
レンズ一体ではなく、前玉だけを交換するユニークなカメラ(M39 Lマウント)
50mmF1.8付で500円!でGET

同時に35mm・95mmもそれぞれ500円でGET

早速、分解して、レンズだけを取り出します。
レンズだけにすると、フランジバックは、約28mm(Lマウントと同じ設計?)



事前に購入した、58mmのリバースアダプタを使うために、
長さを調整し、58mmのフィルター枠を接着しました。

購入した、3本のレンズ

広角 35mm F3.5 を装着

望遠 95mm F3.5 を装着

とりあえず、完成テスト写真 50mm F1.8

屋外での試写は後日

Sigma 400mm F5.6 Mirror2012/03/14 21:55

以前より、ミラーレンズが好きで、6本目の購入となりました。
400mmとミラーレンズとしては、短焦点でF5.6と明るいので、
気軽に使えると期待しての購入です。 (一番右が400mm)
購入後にいつのもようにαマウント化済み(ジャンク200mmのICチップも付けています)

外寸は600mmとの違いがほとんど無い感じです(三脚座がないのが一番の違い)

前からみると、中央部の鏡の大きさが違うことに気がつきます。
600mm 約38mm
400mm 約43mm 面積比で約1.3倍!!
この違いと屈折率の違いでF5.6を実現しているのでしょうか?
試写:LUMIX G1 
マイクロフォーサーズマウントにて (800mm相当)

マイクロフォーサーズマウントにて (800mm相当)
試写:α700
APS-C マウント (600mm相当)

APS-C マウント (600mm相当)

APS-C マウント (600mm相当)

黄ばみや、コントラストの低下が見られますが、デジタルならではの修正で、
十分に使えるレンズになっています。